持続可能な社会の模索と提案。

高度成長や大量消費社会を支えてきた化石燃料。石油製品で人々は飛躍的に「豊か」になりました。
私達の着る衣料についてもまた、ナイロン・ポリエステル・ポリウレタン・アクリルなど多くは石油由来の繊維が多く使われています。
これらの合成繊維は、衣料を大量かつ安価に製造することを可能にしました。しかし、同時に環境汚染や地球の疲弊を引き起こしています。
今私達が享受している豊かさの源泉は、いつか枯れてしまいます。石油に取って代わるオルタナティブな素材に徐々に移行する必要があると感じています。
自らの世代だけでなく、これからの世代に美しい地球を残すために、持続可能な社会をつくり上げる。
そのためにも、麻(大麻・リネン・苧麻)・カポック・芭蕉・ピーニャなどのまだまだ陽の目を浴びていない天然繊維や、再生繊維の中でも環境負荷の少ないモダールなど、サスティナブルな素材にフィーチャーしたいと考えています。

「豊かさ」の変革。少しでも「豊か」になる製品を世に送り出すことができれば、と考えています。

まずは、世界一面白い植物「大麻(ヘンプ)」
その可能性を体感できる最高のプロダクトを。

食料・衣料品・建材・医薬品として世界中から注目を浴びる「ヘンプ(大麻草)」。
日本では縄文時代の貝塚(遺跡)からも出土しており、近代にいたるまで日本人の身近にあった植物です。日本人にとっては、最もつながりが深く長い繊維植物の一つです。
ヘンプは、肥料や農薬の使用量が少なく環境への負担が小さいだけでなく、繊維としては、強靭で速乾性に優れ、さらには抗菌性・防臭性といった優れた機能性を併せ持っています。

また、繊維としての活用だけでなく、種子からは良質な食料として、また種子の油からバイオプラスチックの原料にすることもできます。また、木質部(オガラと呼ばれる)部分は建材の利用も可能です。これらは活用用途のほんの一例ですが、ヘンプは多くの分野で既存の原料の代替手段となり得る可能性を秘めています。

Ruderalsでは、まずはヘンプの潜在能力・可能性を余すことなく体感できる製品を多くの人にお届けしたいと思います。今後に是非ご期待ください。